FinanceInsurance

「金融早わかりQ&A」への:金融庁

「金融早わかりQ&A」への:金融庁

カード情報テーブルは、さらに、他機関からカード機能停止依頼を受けたときの依頼元を記録するカード機能停止依頼元情報、キャッシュカード70の所有者、連絡先を記録する所有者情報を含む。 なお、カード情報テーブルは、キャッシュカード70を特定するカード情報、キャッシュカード70の利用者を認証するための暗証番号、キャッシュカード70の有効状態と無効状態の設定情報であるカード有効情報を含む。上記は、ボリンジャーバンドの設定になります。不揮発性メモリは、可搬型記録媒体27、あるいは通信インタフェース25を介してファームウェアを書き込むことができる。 このように主制御部11、カード処理制御部110は、不揮発性メモリに記憶されているファームウェアを書き換えることにより、ファームウェアの更新をすることもできる。 [ステップS9]ホストコンピュータ20は、カード情報テーブルを参照して、発行元が自行であるか否かを判定する。 また、回収情報は、利用者、銀行の双方にとって、再発防止を図るのに役立つ。

カード情報テーブルは、さらに、キャッシュカード70の発行元を示す発行元情報、キャッシュカード70を用いたサービスを提供する提携先を示す提携先情報を含む。 カード所有者宛連絡依頼通知は、回収カード情報、返却コード、回収情報、カード機能停止依頼先情報、カード機能停止依頼元情報を含む。 カード機能停止依頼は、ホストコンピュータ20が他機関ホストコンピュータ宛にカード機能停止依頼通知(図10(b)参照)を送信することでおこなう。 カード機能停止依頼通知は、提携するカード機能の停止を他機関ホストコンピュータ(たとえば、ホストコンピュータ30、ホストコンピュータ40、ホストコンピュータ50、ホストコンピュータ60)に知らせるための通知である。他機関ホストコンピュータは、カード所有者宛連絡依頼通知を受けて、キャッシュカード70の所有者の連絡先を検索する。 [ステップS45]ホストコンピュータ20は、カード所有者宛連絡依頼通知を受けて、カード情報テーブルを参照してキャッシュカード70の所有者の連絡先を検索する。自動取引装置10は、カード回収処理の実行によりホストコンピュータ20にカード回収通知(図10(a)参照)を送信する。

回収情報は、自動取引装置10がキャッシュカード70を回収した時刻、回収時の利用者の撮影画像、利用者の操作手順などである。回収情報は、利用者が通知を受けることで取り忘れ時の状況を把握するのに役立つ。 カード所有者宛連絡依頼は、ホストコンピュータ20が他機関ホストコンピュータ宛にカード所有者宛連絡依頼通知(図10(c)参照)を送信することでおこなう。 なお、回収カード情報は、キャッシュカード70の所有者、または対応する口座を特定する口座情報であってもよい。 [ステップS3]自動取引装置10は、キャッシュカード70の排出後、所定時間内のキャッシュカード70の抜き取りを検出しない場合に、キャッシュカード70の取り忘れがあったことを検知してキャッシュカード70を回収するカード回収処理を実行する。 カード所有者宛連絡依頼通知は、キャッシュカード70の所有者への連絡を他機関ホストコンピュータ(たとえば、ホストコンピュータ30、ホストコンピュータ40、ホストコンピュータ50、ホストコンピュータ60)に依頼するための通知である。

[ステップS11]ホストコンピュータ20は、検索した発行元(他機関ホストコンピュータ宛)にカード所有者宛連絡依頼をおこなう。 [ステップS5]ホストコンピュータ20は、カード回収通知を受けたキャッシュカード70について無効化し、自行が提供するカード機能を停止する。 ブローカーは、自ら為替ポジションをもつことはありません。 FXとは、各為替の動きを見ながら「売り」や「買い」を入れ、その価格差から利益を得る投資手法です。主に証券会社や商品先物会社などが取り扱っており、為替差益やスワップ金利を得る目的で、個人顧客を中心に取引が行われているようです。 つまり人間的な感情を抜きに売買するため、「もう少し上がったら売ろう」と思いながらも利益を得るチャンスを逃してしまったり、あるいは「まだ損切りしたくない」とストップロスを相場に不利な方向に何回も変えているうちに大きな損失を出してしまったり、という「感情的な判断ミスによる失敗」ということがないのが、自動売買の優れているポイントといえるでしょう。取引する通貨ペアで、より高金利の通貨を売付ける場合スワップポイントの支払が発生します。 [ステップS1]自動取引装置10は、キャッシュカード70を受け付けて、現金の自動預かりや自動出金、振込等の処理(自動取引)を実行する。

外国為替の下取り詳細については、当社のウェブサイトをご覧ください。

Leave a Comment